医療法人喜多岡医院
 
ようこそ喜多岡医院へ。病気・症状についてご相談ください。
胃腸科・消化器科、肛門科、小児科、内科

コラム


 第六回 冬の下痢・嘔吐について


 冬場に流行する下痢は、ウイルスが関係するものが多くみられます。下記に紹介するロタウイルスはその代表的なもので、 他にもノロウイルス、アデノウイルスなど数種類のウイルスが存在します。 今回は、特に乳児・幼児に多いウイルス性胃腸炎(ウイルス性の下痢嘔吐症)について紹介します。


原因の多くがロタウイルス
 特に2歳以下の子供によくみられ、その年頃の子供が冬におこす下痢は、多くがロタウイルスによるものといわれています。 非常に感染力が強く、11月〜3月頃流行します。 便の色が白っぽくなることから、白色便性下痢、嘔吐下痢症、小児仮性コレラ、白痢などとも呼ばれます。

症状
 白っぽい(又は黄色っぽい)水のような下痢が一日に数回から10回程続き、嘔吐を起こすこともあります。 しばしば発熱もおこします。
 症状は3日〜1週間程度で治ります。

感染経路
 ロタウイルスというウイルスの一種が、主に口から感染することによって起こります。ロタウイルスはウイルスを保持した人の 唾液や便に存在し、感染者が触った食べ物などを通じての感染が考えられています。

診察方法
身体診察と便性状の観察を行います。おむつごと持参ください。 症状が強い場合や、集団感染が疑われる場合は、便検査を行うこともあります。

注意点
 下痢、嘔吐によって体の水分が失われやすいため、脱水症状を起こしやすくなります。 嘔吐しても、少量ずつ何度も水分を摂ってください。飲料は、スポーツドリンクなどのイオン飲料が最適です。
 また、下痢がひどいからといって、病院から処方されたもの以外の下痢止めの使用は控えてください。 下痢を止めると、症状が悪化したり、重症化することがあります。
 排尿の回数が減る、皮膚が乾燥する、眼が落ち窪むなどの症状が見られた時は、点滴が必要な場合もあります。



Back  

Copyright (c) Kitaoka Clinic. All right reserved.