医療法人喜多岡医院
 
ようこそ喜多岡医院へ。病気・症状についてご相談ください。
胃腸科・消化器科、肛門科、小児科、内科
トピックス

 経鼻的胃内視鏡    Keibiteki-inaishikyou


新しい内視鏡のスコープは5.9ミリという細さ

内視鏡は、体の外からは判断しにくい早期の癌や病変を、体の内側で診断する医療機器です。通称で「胃カメラ」や「大腸鏡」とも呼ばれています。

「胃カメラ」と聞くと多くの方々は口からスコープを入れることを想像されますが、最新の技術で鼻から入れるスコープが開発されました。


この機械は、従来の口から入れるスコープの半分の細さで、鼻に適したしなやかさをもっており、スムーズに胃内部等に到達することができます。

従来のスコープはオエッとなります
新しく導入されたスコープでは不快感が極めて軽くなりました
<従来のスコープ>
<新しく導入したスコープ>

今までのスコープは、口から挿入していたため、舌の根元に触れることで嘔吐感を起こさせていました。しかし、鼻から入れることでその問題は極めて軽くなり、従来のように胃内視鏡検査は大変つらいものという常識はなくなっていくと思われます。

また希望者には、軽い鎮痛剤でウトウトしている間に検査を済ませる方法も取り入れています。
今後健康診断を検討されている皆様がより安心して受診頂けるきっかけになればと考えております。

製造:フジノン東芝ESシステム株式会社

Back  

Copyright (c) Kitaoka Clinic. All right reserved.